ペットの最期

ペットとの別れ

 

私たちの周りにいるペットとして飼う事の多い動物達は、一部を除き、ほとんどが人間より短い寿命の持ち主です。それはつまり、一旦ペットを飼えば 多くの場合、必ずその子たちは自分より早くいなくなってしまう ということです。
 
 ペットの最期は深く、大きな悲しみと喪失感を与え、それはおそらく経験した人にしかわからない心の痛みでしょう。また、生前その子にかけていた愛情が大きければ大きいほど、大きなショックに襲われる事も事実でしょう。最近では、肉親以上に思いを掛けられていたペットも多く、ペットの死を契機に、飼い主さんが沈んでしまう非常に深い悲しみは、ペットロス症候群という心の病のひとつとして、治療の対象となる事も、しばしば聞きます。心理的なショックへの対処法は、時には専門家のカウンセリングという手段も使い、少しずつ、時間をかけて、無理をせず元にもどしていかれることをおすすめします。

 また、物理的に最期のお別れをして、心の整理をつけたい場合には、ペットの葬儀を執り行うという方法もあります。ずっと昔は庭に埋めてあげて、そっとお別れすることも可能でしたが、マンション住まいや舗装道路だらけの昨今では、掘る場所もままなりません。かといって保健所へ渡すのでは、あまりにも悲しすぎますよね。

 そんな時は、専門の葬儀屋さんにお願いをしてみてはいかがでしょうか?

 お葬式からお仏壇・供養・法要まで、色々な要望に応えてくれます。最近は、それらを扱っている所も増え、それぞれ手厚いお世話をしてくれるようです。こうして最期まで飼い主さんにやさしくされたペットたちは、きっと満足して旅立っていくのではないので しょうか。また、それによって心の整理をつけ、前向きに暮らしていかれる飼い主さんの姿を、その子たちもきっと望んでいるはずです。

 忘れることはできない日々でも、飼い主さんがいつまでも悲観に暮れていては、ペットたちも悲しむと思います。どこかで区切りをつけ、すこしずつ元気になったいく飼い主さんの姿を空の上から見守り、ひと月ごと・一年ごとにお話に来てもらえることが 先に行ってしまったペットたちの楽しみになっているんだ と 考えれば寂しい気持ちも少しは和らぎませんか?





Copyright (C) 2003, 80's Pet Company,Inc. All rights reserved