ほら、自分だってその季節によって体の具合がおかしくなるじゃない。
花粉症、インフルエンザだとかね。
ペットたちだって同じなんだよね。
言葉をしゃべってくれないペットたちには人以上に気を使ってあげないと。
そんなペットたちの健康法とか病気の予防法をここで紹介していきたいと思います。

今月の健康法

予防接種

4月からは狂犬病予防接種の季節です。飼い犬は、毎年1回4月〜6月に狂犬病予防注射を受けなければなりません、各市町村団体からの案内がお手元に届いているオーナーの方は忘れずにお願いします。通知が届いた犬で、都合により集合注射を受けられなかった場合は、ハガキを持参して、動物病院で注射を受けてください。
問題になりがちな方は生後91日以上経っているにもかかわらず登録を済ませていない方です、出来るだけ早く登録を済ませてください、登録は生涯有効になります。登録は各市町村団体にお問い合わせ下さい。狂犬病予防注射はオーナーの義務です、必ず受けてください。

狂犬病は法律で毎年一回予防注射を受けるよう義務づけられている人畜共通伝染病です。現在、狂犬病に対する治療法はなく、犬も人も発症すれば致死率が100%の非常に恐ろしい病気です。幸いにも日本では、1957年以降発生していません。これは予防注射の徹底と厳重な検疫により守られているからです。
 しかし、世界の大部分の地域では、今でも多く発生しているために、いつ侵入してくるかもしれません。そのために検疫の強化とともに飼い犬全体の免疫保有率を常時高くしておくことが不可欠といわれております。

忘れないで!
結構、お引越しとかで登録を新しい住所の市町村団体に届けていない方が多くいます、
必ずお引越しのお届けと同じようにワンちゃんの登録もしてくださいね。



狂犬病

原因
 狂犬病ウィルスに感染した犬の唾液から咬傷などにより感染します。狂犬病は、犬だけの病気ではなく、基本的にすべての哺乳動物に感染しますので、罹患し狂暴化した動物からも感染します。
症状
 狂犬病の症状は、人も犬も同様で狂躁型と麻痺型と呼ばれる2つの型があります。大多数は、狂躁型で食欲不振、情緒不安定などの症状に続き、ヨダレを出すなどの興奮状態を示し、攻撃的になります。その後は、元気がなくなり昏睡し死亡します。麻痺型は、発症例の2割程度にみられ、発症初期から麻痺状態がでて3〜6日で死亡します。
予防
 狂犬病は、犬だけの病気と思われている方も多いのですが、前述したように、すべての哺乳動物が感染しますので、犬以外の動物により海外から狂犬病が入ってくる可能性もあるのです。
 日本では、狂犬病予防法により生後3ヶ月以上の犬は狂犬病の予防注射を受け、登録することが義務づけられています。狂犬病の発生を防ぐために、毎年、必ず予防注射を受けて下さい。

過去の履歴
さむい、サムイ、寒い!
あつい!暑い!熱い!
関節が危ない
夏バテ してないですか?
あつい!暑い!熱い!
ノミ・マダニ対策
フィラリアの予防 始めましたか?
抜け毛の季節の過ごし方
犬だって寒いんだ
肥満に注意!
元気消沈 および 食欲減退



Copyright (C) 2003, 80's Pet Company,Inc. All rights reserved