ほら、自分だってその季節によって体の具合がおかしくなるじゃない。
花粉症、インフルエンザだとかね。
ペットたちだって同じなんだよね。
言葉をしゃべってくれないペットたちには人以上に気を使ってあげないと。
そんなペットたちの健康法とか病気の予防法をここで紹介していきたいと思います。


今月の健康法

フィラリアの予防 始めましたか?

若葉の美しい季節になりました。 この季節になると始めなければいけないのが、犬のフィラリア症予防薬の服用ですね。

フィラリアは糸状の寄生虫で、蚊を媒体にして卵の状態で感染します。 卵は、その後血管内で孵化し、成虫になった頃は、心臓内に寄生します。 多数のフィラリア成虫のため、心臓は機能不全を来たし、全身的な症状を招くという経過をたどります。 勿論それは放置すれば死にも至ります。 私達の住む日本も夏場は亜熱帯となり、蚊の発生は避けられません。 どこかでフィラリア症の犬を刺した蚊が、次にあなたの愛犬を刺さないとは言い切れません。 また、かわいそうにも感染した犬は、蚊に刺される事により、次の病気の感染源になってしまうのです。

フィラリア症は、現在では月に一度薬を飲むだけという簡単な方法で予防できます。 毎月日を決めて蚊の見られる時期の前後一ヶ月服用します。 中部地方の場合、多くは4月か5月から始めます。そして飲み終わりは 最近の都市部は遅くまで暖かい事から、12月まで大事をみて与えます。 忘れず服用するために、カレンダーにあらかじめ投薬日を記入すると良いでしょう。 人間の『お給料日』を毎月の投薬日にすると覚えやすいとも言います? 薬の形状も錠剤、散剤、おやつの形のチュアブルといろいろあります。 わんちゃんが一番のみやすい物を、獣医さんに相談してもらってください。

重要な事は
飲み始める前に必ず血液検査をして、感染の有無を確かめること。(感染に気づかず服用すると、薬で死んだ子虫が血管内に詰まる事を招きます) 体重にあわせた量を服用させること。(薬の効果を確実にするため、毎月の体重チェックは怠らずに)
そして毎月、薬の服用を忘れないことです。

飼い主さんの心がけ次第で予防できる病気です。
きっちり行って、愛するわんちゃんに長生きしてもらいましょう。


過去の履歴
抜け毛の季節の過ごし方
犬だって寒いんだ
肥満に注意!
元気消沈 および 食欲減退

 

 

Copyright (C) 2001, 80's Pet Company,Ink. All rights reserved