ほら、自分だってその季節によって体の具合がおかしくなるじゃない。
花粉症、インフルエンザだとかね。
ペットたちだって同じなんだよね。
言葉をしゃべってくれないペットたちには人以上に気を使ってあげないと。
そんなペットたちの健康法とか病気の予防法をここで紹介していきたいと思います。


今月の健康法

抜け毛の季節の過ごし方
ここのところ暖かくなり、ペットも人間もだいぶ過ごしやすくなってきましたね。
冬から春への季節の変わり目である今は、ペットたちの被毛の生え変わりのシーズンでもあります。
この時期、屋内で飼っている場合は勿論、外で飼ってはいても、抜け毛が気にはな りませんか?
健康な場合の抜け毛は、新しい被毛が生えてくるためには必要なことで、これを抑えることはできません。
かといって、そのまま放置するのでは、一緒に暮らしている人間も大変です。
そこで、”今回はいかに快適に抜け毛の季節を過ごすか。”というお話です。
その第一の解決法は、ブラッシングが挙げられます。
一日に一度か二度、充分ブラシをかけてあげれば、抜け毛の散乱は、ある程度予防できます。
ただし、いつもよりしっかりとしてあげる事がポイントです。では、しっかりとしたブラッシングの方法とは?
最初に、毛の流れに逆らって充分とかします。太ももの付け根やお尻、首や胸の周りなど、毛の密集している所を特に念入りに。これで、抜け毛予備軍をあらかじめブラシに移してしまうのです。
その後、通常どおりのブラッシングで毛流を整えて仕上がりです。
簡単ですよね。ただ、その子に合ったブラシを選ぶことと、必要以上に力をかけない ことが肝心です。 また、シャンプーの回数を増やすことは必要ありません。あまり頻繁なシャンプーは皮膚を傷める場合もあります。
そのほか,室内で飼っているわんちゃんには、室内着を着せてあげるという方法もあります。
最近はオーダーメイドを始めとして、室内着のバラエティーも豊かになっています。
特に袖と裾のついているものを用意すれば、落毛を防ぐことに効果があります。
この場合は、着せっぱなしにすると毛玉の原因になるので、散歩の時など、一日のうちで脱がせている時間を作ってあげて下さい。もちろん、ブラッシングは忘れずに。

いろいろ挙げましたが一度お試しになってはいかがでしょうか?


過去の履歴
犬だって寒いんだ
肥満に注意!
元気消沈 および 食欲減退

 

 

Copyright (C) 2001, 80's Pet Company,Ink. All rights reserved